種類によって特徴が異なるシミ

年齢を重ねるごとに増えてくるシミは女性にとって悩みの1つであり、老けた印象を与える原因でもあります。お肌の一部が黒や茶色に変色した部分をシミと呼びますが、シミにはいくつか種類があります。シミの種類によって発生する原因が異なってきますので、こちらではシミの種類についてご紹介しています。

老人性色素斑とは

一般的にシミと呼ばれているものは老人性色素斑と呼び、主に紫外線の影響を受けることで発生します。老人性色素斑は日光が頻繁に当たる部分にできやすく、や腕などに発生しやすいです。年齢を重ねた方だけでなく若い方にも発生する可能性があり、時間の経過によって色が濃くなったり広がったりするのが特徴です。発生の原因は紫外線となっていますので、紫外線対策をしっかり行うことで発生を抑えることに繋がります。

雀卵斑とは

一般的にそばかすと呼ばれているものであり、小さな斑点が鼻を中心に両頬まで広がります。発生する原因は主に遺伝が関係しており、思春期の頃に発生することが多いです。年齢を重ねていくとあまり目立たなくなってきますが、紫外線や妊娠などが原因で濃くなることもあります。レーザーで除去することも可能ですが、遺伝によって再度発生する可能性があります。

肝斑とは

女性特有のシミを肝斑と呼び、主に女性ホルモンのバランスが乱れることで発生します。顔の両頬に発生するのが特徴であり、更年期や妊娠中の女性に多く見られるシミです。ホルモンバランスの乱れ以外にも洗顔時に顔を強くこすることも肝斑の原因となっていますので、洗顔時は強くこすらないように注意する必要があります。

兵庫県姫路市でエステサロンをお探しの方は、ビビッドをご利用ください。お手入れしにくい目元部分に最先端の特殊マシンを使用することでシミをはじめたるみやくすみ、ニキビといった悩みの解消におすすめです。また美顔を目指すためのエステ以外にも小顔へと近づける頭蓋骨矯正術も行っていますので、エステサロンを利用して美しさを維持したいとお考えの方はぜひご体験ください。

お問い合わせ・ご予約は0120-059-069まで
24時間ネット予約はこちらから