噛み合わせが関係する体調不良

噛み合わせが悪いと見た目の印象だけではなく、体にも様々な悪影響を与えてしまいます。こちらでは、噛み合わせの悪さが原因で起こる問題の一例をご紹介しておりますので、ご覧ください。

顎関節症

女性に多いと言われている顎関節症は、噛み合わせが悪いと悪化する可能性が高くなってしまいます。噛み合わせが悪いと噛む時に加わる力が不安定になるので、顎の関節や顎骨、筋肉など様々な部分に負担をかけてしまうことになるのです。その負担が顎関節症を招いたり悪化させたりしてしまいます。顎の痛みや疲れを感じる場合には、噛み合わせをチェックしてみてはいかがでしょうか。

顔のゆがみ

本来、顔は左右対称ではありませんが、噛み合わせがよくない人は眼鏡をかけると片方が下がっていたり眉の高さや目の高さ・大きさが違ったりしていることがあります。
鼻を中心として左右の頬の幅が違っていたりすることも稀ではありません。
若いころに比べると面長だった顔の輪郭が四角くなってきた、という方もあります。
顔のゆがみは、シワやたるみの原因でもあり、顔の左右のバランスが一定以上崩れると顕著に表れてくる症状です。

噛み合わせ

女性に多いと言われている顎関節症は、噛み合わせが悪いと悪化する可能性が高くなってしまいます。
噛み合わせが悪いと口が開けにくいとか痛みが生じることもあり、また、寝汗をよくかいたり集中力が落ちたり、気分が落ち込んだりすることも報告されています。
噛み癖やくいしばりは、咀嚼筋を必要以上に緊張させ、さらにかみ合わせを悪くすることに繋がります。

噛み合わせの悪さは頭蓋骨矯正をすることで改善を目指すことができます。兵庫県にあるビビッドでは、これまでに20,000人以上もの頭蓋骨矯正を行ってきた実績があるので、安心してお任せください。瞬圧をかける手技ではありませんので、リラックスして施術を受けることができます。頭蓋骨矯正は噛み合わせの悪さの他にも、まぶたが重い、クマエラはりが気になる、小顔になりたいなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

お問い合わせ・ご予約は0120-059-069まで
24時間ネット予約はこちらから