【開業当時の想い】

H14年5月に開業してから16年の月日が経ちました。

エステサロンで働いたことがない私が、エステサロンをしようと思ったのは

本当に改善出来る効果の高いサロンを作りたかったからです。

若い頃からニキビがひどくてあれこれと試していました。
学生の時は、母に頼み込んで通販の美顔器を買ってもらって試しましたが
いくらまじめに美顔器を使っても効果写真のようなツルツルにはなりませんでした。

エステサロンや美容外科に通ったこともありましたが、質問をごまかされたり、思うほどの効果を感じられなかったり・・・
エステサロンでの施術も目に見えて良くなったというものではなく
もちろん数回は通い、いいと勧められるものは使うようにしていましたが、一番気になっていたニキビが改善したかというと変化がなかったように覚えています。
勇気をふり絞って行ったのに・・・そんな気持ちになったことを思い出します。

超音波の美顔器を買って使ったこともありますし
1回8万円以上するピーリングを何度も受けた経験があります。

何をやってもなりたい肌にはあまり近づくことがなく諦めかけていた私がなぜエステサロンを始めることになったのかというと
素晴らしいマシーンに出会ったからです。

1度でも違いが分かる高い効果と安全性がとても魅力的だったので購入へと進んだのでした。

エステサロンをやりたくて買ったマシーンではなく
まずは、自分のために欲しくて仕方がなかったことがきっかけなのです。

 

マシーンを買ったものの自分だけではもったいないと思う気持ちと
私がこんなにいいと思うケアだからきっと他にも求めている人がいるはずだ!という思いが膨らんで、知人に試して意見をもらったり写真を撮って見比べたりしていました。

【元ナースの知識と経験】

エステサロン勤務経験はないものの人のカラダの基礎知識は身についていたので、医学的な専門書を基にさまざまな肌トラブルの原因を探りお手入れに活かすよう心がけました。(解剖学・生理学・ツボ・経絡などを基にしています。)

人には自然治癒力や恒常性維持機能が備わっていてどんな不調でも元に戻し維持することが出来るはずなのに、何が原因で良くならないんだろう?

症状それぞれに原因はあって、でも原因が解明されていないこともたくさんあって人のカラダの複雑さを通関し、日々仮説を立てて

ビビッドに来られるお客様の悩みをお手入れで小さくしなくてはならない、またお手入れの効果を最大限に出すためにはどうしたらいいかをずっと考えるようになりました。

エステサロンとは